違いを知ってきっちり得をする外壁塗装の基本

住宅を長持ちさせるメンテ

メンズ

水漏れや湿気を防ぐ効果

住宅は建ててから年月を経ると次第に劣化していきます。特に劣化が多いのが屋根と外壁です。屋根と外壁は太陽光や雨や風などの自然現象から住宅を守る働きをしています。そのため劣化がより早いのです。特に沖縄のように周囲を海に囲まれていて、台風の被害が多い場所はそれが著しいのです。劣化を防ぐためには定期的なメンテナンスが必要です。それが外壁塗装です。通常は家を建ててから10年目に外壁塗装をするのですが、沖縄のように海に囲まれている場所ではもっと短いサイクルで外壁塗装をした方が効果的です。外壁が劣化するとどのような被害が起こるかというと、まず塗装がはげます。塗装がはげると地肌がむき出しになって壁面に細かいひび割れができ、そこから水漏れが発生するのです。

家のイメージを変える効果

沖縄のような海に囲まれた場所は湿気がこもりやすいので、外壁にひびがあると水漏れ被害が多くなります。また夏から秋にかけて台風銀座になるので被害も拡大しやすいのです。それを防ぐ意味でも定期的な外壁塗装は必要になります。外壁塗装の特徴は水漏れ被害から住宅を守ることですが、それ以外にも外壁を塗り替えることによって住宅のイメージを変えることができます。外壁が古いとそれだけで住宅のイメージも悪くなりますが、外壁塗装をすることによって新築同様の美しさに変えることができます。また住宅の寿命を延ばす効果もあります。外壁は住宅を守る働きをしているので、それを塗り替えて新しくすれば住宅自体が長持ちするのは当然のことです。沖縄をはじめとして日本全体が四方を海に囲まれているので、外壁塗装はとても大切です。